ネオくんネオくん

そういえば、「シングルタイプ」ってなんなの?


マイちゃんマイちゃん

シングルタイプ? ああ、それはね……「データ通信のみ」の契約で、電話は掛けられない、ネットだけ出来るっていうプランね。


ネオくんネオくん

ふーん、電話なしでどうするんだろ?


マイちゃんマイちゃん

人によるけど……例えばフリーWi-Fiが無いときとか便利じゃない? 特に「ノマドワーカー」とかには便利よね

さて、データ通信のみの「シングルタイプ」。皆さんは、必要あると思われますか?

私は使用者でしたので断言しますが、便利です。特に私の場合、外でPCを使う際に重宝していました。だってテザリングしてるとスマホの充電がすぐに枯渇しますから。

そのため別のポケットルーターを使っていましたね。

さて、そんなデータ専用プランですが、どの程度の金額か、お話ししましょう。

参考:mineo公式サイト【料金】

 

プランの種類と金額一覧

さて、プランの種類ですが、基本的に「一般」と「エコ」の2種類のコースが準備されています。説明は各部で行います。

それではドン!

一般コース

Aプラン
Dプラン
Sプラン
500MB 700 700 790
3GB 900 900 990
6GB 1,580 1,580 1,670
10GB 2,520 2,520 2,610
20GB 3,980 3,980 4,070
30GB 5,900 5,900 5,990

当然のことですが、容量が増えればその分値段は高くなります。この中で、ソフトバンク回線を使用する「Sプラン」が90円ほど高くなっていますが、回線使用料が高いのかもしれません。

このコースでは、通信スピードは回線ごとの通常スピードが出ますので、高速通信が可能です。

 

エココース

Aプラン
Dプラン
Sプラン
3GB 850 850 940
6GB 1,480 1,480 1,570
10GB 2,370 2,370 2,460
20GB 3,680 3,680 3,770
30GB 5,450 5,450 5,540

このコースは中々に珍しいコースなのですが、通常、通信が混み合う時間というのは決まっています。

朝の出勤ラッシュ時間、昼休憩の時間、退勤の時間。つまり、多くの人がスマホを見ている時間は、非常に通信が混み合います。渋滞状態ですね。

一般コースの場合、その時間帯でも理論上高速通信が出来ます。実際には多少遅くはなるのですが、それでも基本的に十分なスピードで通信できます。しかしこのコースの場合、通信が混み合う時間帯7:30〜8:30、12:00〜13:00、18:00〜19:00は「200kbps」まで制限されます

ですが、あくまで平日のみ。土日はこの制限がありません。

これで一般コースより50円ほどお安いというおトクなコースです。

お試しプラン

さて、少し異色なプランですが、お試しプランという「最初2ヶ月お試し」というこのプランにも、データ通信のみのプランがあります。

契約タイプ
Aプラン
Dプラン
Sプラン
シングルタイプ 300

これは回線関係なく一律同じ値段。

その代わり、このプランは2ヶ月を超えると、月500MBのプランになります

詳細はこちらからどうぞ。 公式サイト:mineoプチ体験

参考:オプションについて

データ通信のみと言えども、たまにメールやなにかのアカウント認証で「SMSにコードを送信します」という機能がありますね。携帯なりスマホに送っても良いのですが、出来ればその端末上で見たい。もし、SMS(ショートメッセージサービス)も必要であれば、回線によりますが追加することが出来ます。

Aプラン
Dプラン
Sプラン
シングルタイプ 無料(自動付随) 120 180

au回線を使うAプランの場合は自動的にSMS送受信が可能になりますが、ドコモ回線のDプラン、ソフトバンク回線のSプランはそれぞれ費用が発生します。

ここで注意したいのが、契約時にSMSの要・不要を選べるのですが、後から変更しようとすると変更手数料SIMカード発行料が掛かります。無駄な料金を発生させないように、最初によく考えて選びましょう。

 

オススメのプラン

基本的にデータ通信のみのプランを使うということは、ポケットルーターなりタブレットなり、電話とは別のサブ回線で使われるかと思います。

とはいえ、基本的に家にはネットを引いておられる方が多いのでは無いでしょうか。そのため、少し容量が抑え気味のレベルを使うと良いかもしれません。

そのようなわけでオススメ第1位!

やっぱり「3GB」プランだと思います。なにせ1,000円以下ですから。税抜ですが。その中でも、私としてはau回線を使用する「Aプラン」がオススメです。

Dプランも良いのですが、意外と通信が混雑しづらいのが「Aプラン」なんです。これは筆者の経験上のお話ですが。

第2位としてはこちら、「6GBエココース」プランですね。

なぜか。それは、多くのMVNO系で比較すると、大体同じくらいの金額なんです。約1,600円くらいですね。

ですが、エココースなら1,500円を切ります。もちろん昼間もしっかり使いたい人は別ですが、筆者は普段家の固定回線がありますので、精々必要なのはスタバでコーヒー飲んだり、ミスドでコーヒーのおかわりフィーバーしているときくらいなんです。そんなにコーヒーが好きか。

そのため、真っ昼間の混雑最中に使いませんし、使うとしたら2時から3時頃。充分制限時間を過ぎているわけです。

まあ、限定的な使い方という前提ではありますが、そういう意味で6GBプランはオススメです。

第3位。これは悩みましたが、筆者としては「10GB」をオススメします。

基本的に、10GB超えてくると私としては必要性を感じなくなってくるのですが、それでも「6GBじゃ足りないな」と思うことはありまして。

多くのMVNO系では容量が倍々なので12GBなのですが、mineoは10GB。ちょうど「かゆいところに手が届く」感がありますね。

 

プラン
メリット
デメリット
1位
3GB一般
  • 時間制限なく、容量内は高速通信出来る
  • 1,000円以下で安い
  • 容量が多いというわけではないので、PCサイトを大量に巡回すると容量を超える可能性がある
2位
6GBエココース
  • 通常のプランより金額が抑えられる
  • 早朝、昼、夜以外は高速通信ができる
  • 通信制限時間でも使用出来るが、その分の容量は減る
  • 制限が200kbpsはかなり遅い
10GB一般
  • 容量がそれなりに多いため、外で必要なソフトをダウンロードしても大きな影響はない。
  • 10GB越えのプランとしては比較的値段が安い
  • 他の格安SIM系に比べ、少々容量が小さい

 

まとめ

Point
  • エココースは割り切って使うには便利! 少し大きめの容量で検討しよう!
  • 初めて使うならお試しプラン!
  • SMSが必要なら契約時に決めよう!

今回のポイントはこの通りです。

筆者はなんだかんだと携帯会社を渡り歩きました。そのため莫大な金額を使った気がします。

是非皆さんは、そんな無駄なお金の使い方では無く、賢く選んでおトクを味わって下さい。

どこぞのCM文句ではありませんが、「Better for Life」ですよ。しっかり学んでしっかり選ぶ。是非、参考にしてください!