ネオくんネオくん

うーむ……

マイちゃんマイちゃん

あら、ネオくんどうしたの?

ネオくんネオくん

少し心配なことがあってさ……mineoで契約するのは良いんだけど、スマホが故障したらどうしようかと思って

マイちゃんマイちゃん

あら、それならmineoにもきちんと保証があるわよ? しかも、持込み端末」にも対応してるんだから!

今回のテーマは「保証」

読者の皆さんは経験ありませんか?

「あ、スマホ落とした!」「画面が点かなくなった!」などです。

大手キャリアさんでは、最初の契約時に「オススメですよ!」と言われて入会します。やっぱりあった方が安心ですから。

当然mineoもきちんと考えています。

しかも、「mineoで購入した端末」だけでなく、「持ち込み端末(自前の端末)」でも保証してくれるサービスがあるのです。

今回は、「mineoの保証」についてご紹介したいと思います。

 

mineoが提供する保証サービスとは?

現在mineoでは、3つの保証サービスが存在します。以下に種類と金額、概要を表にしていますのでご覧ください。それぞれの保証サービス名をクリックすると、mineoの公式サイトに飛びます。

mineo端末安心保証 mineo端末安心保証 for iPhone 持ち込み端末安心保証サービス
月額料金(税抜) 550円 500~1,000円 500円
対象プラン 全プラン 全プラン 全プラン
概要 破損、全損、水濡れ、自然故障の際に、年2回まで低価格で本体交換可能 破損、全損、水濡れ、自然故障の際に、年1回まで低価格で本体交換可能(機種により金額が異なる 破損、全損、水濡れ、自然故障の際に、年2回まで低価格で本体修理、あるいはmineo指定端末へ交換可能

どれも、自然故障や破損の場合に交換を保証するものとなっていますね。

細かな違いについては後ほど取り上げますが、どれもがありがたいことに「水濡れ」「破損」をサポートしています。

今でこそ防水が当たり前ですが、昔は防水性能なんてありませんでしたし、今でも防水ではないモデルもありますからね。

それでは、それぞれの保証についてご説明します。

① mineo端末安心保証

参考:mineo公式サイト【mineo端末安心保証をご契約中のお客さま】

まず、「mineo端末安心保証」についてです。

申込条件
  • mineoで購入した端末であること
  • 端末購入と同時に加入すること
  • iPhone以外の端末であること(ルーターも含まれる)

上にも挙げたようにこの保証サービスは、iPhoneを除く端末で、mineoで購入したものに対する保証になります。

そのため、後から加入することは出来ませんのでご注意ください。

保証期間については、「mineo通信サービスの利用期間中で弊社が契約申し込みを承諾した日から59カ月後の末日まで」と書かれていました。

つまるところ加入から5年間です。

交換可能回数ですが、年に2回

交換時の金額としては、1回目は5,000円(税抜)2回目は8,000円(税抜)です。以降は実費(本体金額そのまま)となります。

まあ、そんなに年に何回も壊すというのは……ちょっとですね。

② mineo端末安心保証 for iPhone

参考:mineo公式サイト【mineo端末安心保証 for iPhoneをご契約中のお客さま】

続きまして、「mineo端末安心保証 for iPhone」についてです。

申込条件
  • mineoで購入した端末であること
  • 端末購入と同時に加入すること
  • iPhoneであること

この保証サービスはその名が示す通り、mineoで購入したiPhoneに対する保証になります。

これもやはり、後から加入することは出来ませんのでご注意ください。

保証期間については公式サイトに記載がないのですが、mineoに確認したところ「加入日から60カ月後の末日まで」だそうです。

つまるところ加入から5年間です。

交換可能回数ですが、年に1回。Android端末の保証よりも少ないですね。

交換時の金額としては、月額利用料によって変わります。

月額利用料が500円(税抜)の場合 9,000円(税抜)
月額利用料が750円(税抜)の場合 11,000円(税抜)
月額利用料が1,000円(税抜)の場合 13,000円(税抜)

それ以降は実費(本体金額そのまま)となります。

まあ、iPhoneの本体金額の高さを考えると、これでもお得……と言えるのでしょうね。

③ 持ち込み端末安心保証サービス

参考:mineo公式サイト【持込み端末安心保証サービスをご契約中のお客さま】

申込条件
  • 保証可能端末であること

さて、このサービスは特殊です。

既に持っている端末に、mineoのSIMを新しく差し込んで使う場合の保証。

元々mineoは、SIMのみの販売がメインでしたので、この保証はありがたいですね。

つまり、別で購入した中古の端末や、以前キャリアさんで使っていた端末につけられるということですね。

※自分の端末を使う場合の関連記事はこちら↓

ですが、実際に保証されるかと言う部分での条件があります。

保証条件
  • 保証端末であること
  • 加入日から31日後以降に発生した故障であること
  • mineo側で確認し、保証対象内であるという判定がされていること
  • 修理か交換かはmineo側で判断する

つまり、少々シビアな判定になるということですね。

また、このサービスは修理あるいは交換です。

保証期間保証可能端末については以下の公式サイトからご確認ください。

mineo公式サイト【持込み端末安心保証サービス保証可能端末一覧】

交換・修理可能回数ですが、年に2回

交換・修理時の金額としては、1回目は5,000円(税抜)2回目は8,000円(税抜)です。以降は実費(本体金額そのまま)となります。

一番のメリットとしては、いつでも加入できるということでしょう。まあ、持ち込み端末ですし、いつでも加入できないと困りますよね。

「mineo端末安心保証」とは異なり、後から加入が出来のです。その代わり、加入から30日間は保証されませんが。

さて、交換か修理のどちらかということですが、これはmineo側が判断することになるので自分の側から「修理でお願いします」とは言えないわけです。

さらに、交換端末は自分の端末と同じものではありません。

ご利用中端末の価格帯 交換端末
~20,000円 ・OPPO A5 2020
・Moto G8
20,000円~ ・arrows Mシリーズ
・HUAWEI P liteシリーズ
・AQUOS sense シリーズ

このように決まっていますので、例えば自分が持ち込んだのが8万円台のものであろうと5万円台のものであろうと、mineo指定の端末との交換になると言うことです。

 

実際の手続きの流れフロー

実際にどのような手続きの流れとなるか、以下のフローチャートをご覧ください。※見づらい場合は、画像上で右クリックして「画像を新しいタブで開く」をクリックして、別画面にて画像を拡大してください。

保証サービスのメリット・デメリット

私もそうですが、こういった保証に入らない方も多いと思います。

とはいえ、保証にメリットがないわけがありません。逆に、デメリットを感じる方もおられるでしょう。

それぞれメリットとデメリットをご紹介します。

なお、この項目では「mineo端末安心保証」つまりAndroid端末をmineoで購入した場合でご説明しています。

メリット

メリットとしては、もしもの場合に本体買い換えよりも安い金額で交換が出来るということですね。

公式サイトからの引用になりますが、このような例が書かれていました。

HUAWEI P30をご利用1年目で全損した場合

※ mineo端末安心保証月額料金12カ月分と交換代金1回目の合計

もし仮に加入から1年後に本体が破損した場合、新品に変えるとしたら7万円も必要になります。

しかし保証があれば、月額合計と交換費用を足しても、たった1万円ちょっと

つまり金額比は1/7! かなりお得です。

デメリット

簡単に言うと、デメリットは「余計な金額が発生する」という事でしょう。

格安スマホというのは安さが命。

そのため、余計なオプションを付けることで月額が高くなる、ということが挙げられます。

この保証の場合の1年間の金額でしたら、月々550円×12ヶ月=6,600円/年ということになります。

私の場合、白ロムと呼ばれる中古端末を買ったり売ったりして次々使っていましたので、これを払うくらいなら新しい端末を買う方向に舵を切っていました。

これは人それぞれなので、あくまで参考ですが。

 

まとめ

Point!
  • mineoで端末を買うならば「mineo端末安心保証」がお得
  • これまでスマホを落として破損させる回数が多ければなおのこと
  • 自分で中古端末を取っ換え引っ換えするなら不要かも

マホは私たちの生活の一部です。

これがなければ、買い物すら出来ないようなレベルにまで浸透しています。

ですからもしもの場合を考えて、端末保証に加入しておくというのは、「安心を買う」とも言い換えることが出来るでしょう。

もちろんお金は必要なので、「本当に自分に必要なのか」考慮した上でご検討いただけたら幸いです。