格安SIMの魅力といえば、何と言っても月額料金が安いことですよね。
人によっては、年間で「国内旅行行けちゃう!」くらいの金額が浮くこともありますから、驚きです。
でももう一つ、格安SIMには注目すべき魅力があります。
それは、大手キャリアよりも自由度の高い特徴的なサービスが豊富に提供されているということ。
特にマイネオ(mineo)には他にはない個性的なサービスがいろいろと揃っています。今回はその中でもユニークな特徴を5つに絞って紹介しますね。

特徴その1 ドコモ、au、ソフトバンク、どこからでもOK!3大キャリアからそのまま乗り換えられる!

3大キャリアから格安SIMに乗り換える時、一番ややこしいのが「回線」の問題。

格安SIMはそれぞれのキャリアから回線を「借りて」いるので、同じ端末のまま乗り換えるには、その端末で契約していたキャリアに対応している格安SIM業者を選ばなければなりません。
SIMロックを解除するという方法で使えるようになる場合もありますが、手数料や手間がかかりますし、携帯キャリアの回線は各社で周波数が違うので、端末の対応周波数に合わないと動作不良を起こす可能性もあります。

スマホ回線の種類なんて普段意識しないので、こう聞くとなんだか複雑そうで、それだけでもなにやら難しく感じてしまいますよね。
その点、マイネオ(mineo)は3回線すべてに対応しているので、どこのキャリアの端末を使っていても、気にすることなく乗り換えることができます。

特徴その2 ファミリー層も安心!家族割が使えるから乗り換えやすい!

ドコモやau、ソフトバンクからの乗り換え組がチェックしておきたい特徴をもう一つ。

これら3大キャリアではおなじみの家族割。格安SIM業者では提供されていないことも多いのですが、マイネオ(mineo)では利用できます。最大5回線まで、月額基本料から50円引きになりますよ。離れて暮らす家族や、姓の違う家族とでもOKです。

先ほど述べた通り、マイネオ(mineo)はキャリア関係なく乗り換えることができます。
それとあわせて考えると、「家族みんなで格安SIM」にしやすい環境が整っている、と言えるのではないでしょうか。

特徴その3 パケットとは思いやりの源!全国のユーザーと助け合えるパケットシェアシステム

マイネオ(mineo)のユニークさが最も光っているのが、このパケット周りのサービス。

格安SIMの料金プランは月々に利用できる「データ通信(インターネットやデータの送受信)の容量(=パケット)」を基準にしていますが、毎月同じ量を消費するような使い方になるとは限らないですよね。その月によって、足らなかったり、余ったり…。

マイネオ(mineo)では余ったデータ容量(パケットチャージ分含む)を翌月に繰り越すことができます。しかもこの繰り越したパケットは最大10回線のグループ内でシェアすることも可能ですよ。さらに、ギフトとして、1対1で贈り合うこともできます。

そして、ユニークかつすごいのが、「フリータンク」のサービス。
フリータンクとは、マイネオ(mineo)ユーザー共有のパケット貯蔵庫のようなもので、全国のマイネオ(mineo)ユーザー全員でパケットをシェアできるシステムなんです。
余っていたり、繰り越し期限が切れそうなパケットをフリータンクに入れると、パケット残量に困っている他ユーザーが引き出して、自分のパケットにすることができます。
逆に自分が困っているときはありがたく使わせていただくことになりますね。
毎月21日以降に月々で合計1G分、2回まで引き出すことができます。

助け合いの精神で成り立っているサービスです。なんだかほっこりしますね。
パケットに困っている時はもちろんですが、余っている時も積極的に入れて、使っていきたいサービスですね。

特徴その4 マイネオ(mineo)はみんなで作る!運営スタッフとも距離の近いコミュニティサイトがある

ユーザー同士のつながりを大事にしているマイネオ(mineo)。
格安SIM業者なのに、コミュニティサイトまで運営しています。その名は「マイネ王」

スタッフブログや掲示板、Q&Aコーナーといったものから、ユーザーがマイネオ(mineo)というサービスをより良くするためのアイデアを出しあうという「アイデアファーム」というコーナーもあります。
このコーナーに投稿された提案は運営スタッフがすべて確認し、実現可能なものは具体的な検討が行われ、実際にこれまで460本近い提案が実現されたようです。

ちなみに、「マイネ王」はメンバー登録すれば、マイネオ(mineo)未契約の状態でも利用できます。
Q&Aコーナーで回答してくれるのは実際に使っているユーザーですし、レビューコーナーも端末やプラン、オプションに対してのピンポイントのレビューなので、ネット検索で得る知識よりもより細かなことを知ることができます。
マイネオ(mineo)検討中の人は先に「マイネ王」をチェックしておきたいですね。

特徴その5 格安SIMの限界に挑戦!?混雑時でも快適な通信環境「プレミアムプラン」

格安SIMの最大のネックは、昼休みや通勤時などのアクセスが集中する時間帯に回線が混雑して通信が遅くなることですよね。
大手キャリアから回線を借りているという格安SIMのシステム上、仕方のないことなのですが、マイネオ(mineo)は頑張っています!

6G以上のプラン(6GB、10GB、20GB、30GB)の月額基本料+800円で専用の回線を利用できる「プレミアムプラン」というものを設けています。(ソフトバンクプランは対象外)
このプランに加入していると、いつでもスムーズな通信を行うことができます。
ただし、この「プレミアムプラン」は特定の時期にのみ募集され、さらに加入者は抽選、という狭き門。
やはり、こういうサービスを格安SIMで常時提供するのは厳しいようです…。
それでも、工夫して挑戦してくれるところに、マイネオ(mineo)のサービスとしての姿勢が垣間見えるような気がします。

現在(2019年12月)は募集されていませんが、印象的なサービスですので、紹介させていただきました。

まとめ

マイネオ(mineo)のユニークな特徴5選
  1. 利用中の端末のまま乗り換えられるトリプルキャリア対応。
  2. 家族割が使えるので、家族みんなで乗り換えやすい。
  3. パケットは家族・友達はもちろん、他ユーザーともシェアできて自由度が高い。
  4. 他ユーザーや運営スタッフと気軽に交流できるコミュニティサイトがある。
  5. 混雑時でも快適に使えるプランを提供している時期がある。

マイネオ(mineo)には「フリータンク」「マイネ王」など、他の格安SIMにはない独特のサービスが数多くあります。
ただ安いだけでなく、ユーザーに楽しんでもらうことに力を入れているところがユニークですね。
他と一線を画す格安SIM「マイネオ(mineo)」
安いだけでは物足りない充実したスマホライフを求めている方は要チェックです!